今日は9月最初の手話講座でした。
そして講師を招いての2回目の特別講演「聴覚障害者の生活」というテーマでした。
今回は男性のろうあのK講師でした。
私たちは難聴や中途失聴者の集まりなので、ろうあの方と接するの初めて!という方が多かったですが
ご本人の手話と要約筆記とでなんとか意思疎通できたかなぁと思います。
すべては一生懸命に伝えようとする意気込みですね。
それが大事です。
そして手話には繰り返しの復習ととりあえずやってみるの精神が必要だと実感しました。
こぶたのつたない手話も少しは通じたようです……いや、Kさんの察しの良さのおかげかしら?
でも、少しでも通じると頑張ろうって気になりますねv

本日のこんちゃんは…またまた置いてきぼりです。
置いて行かれるのは…嫌っ!
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ

こんちゃんへの応援お願いします♪

初めての講習

粘土って結構難しい?

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。