昨年の今日、左耳の聴力がないことが検査ではっきりとした。
それまでも難聴気味ではあったが、補聴器を入れれば様々な音が聞こえていた。
左からの音が消えた――。

片耳が聞こえなくなって不便になったこと。

1)何かをしながら、他人と話ができない
   口話ができるわけではないが、口元や顔を見つめながら、時には筆談をしてもらいながら
   すべての神経を集中させて話を聞く。

2)一人で外に出歩きにくい
   道の右側から左側に渡ろうとするとき、人は無意識に後ろの音を聞いているんだと分かった。
   立ち止まってから後ろを向き、左右確認してから移動する。
   たまにすぐ後ろに人がいたりして、互いに驚くことがある。


3)家の中で…外出先で…
   一人になると、とても怖い。
   地震などの災害が起きて閉じ込められて、たとえ声をかけられてもそれが自分に届くのだろうか。


一年経って、精神的にかなり落ち着いてきた。
聴導犬のことも少しずつ進んでいる。
3月の診察では人工内耳のことをもっと詳しく聞いてみようと思う。

これでいいんだよね
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ

こんちゃんへの応援お願いします♪

ぐだぐたな日

こぶたより愛と感謝を込めて…

comment iconコメント ( 5 )

No title

はじめまして ゆ です。

私も一年程前からの左耳中途失聴者です(補聴器無し)

不便はあります、不安もあります。

片耳は中途半端ですね、話せるし、健聴者には理解しにくいですよね。

日本では、障害者枠でないんですね、いろいろお金掛かりますよね。

また、おじゃまします、心強いです。

名前: [Edit] 2011-02-19 14:28

ゆさんへ

はじめまして、こぶたです。
コメントいただけてうれしいです。

わたしは右耳も聴力が85dbしかないので、障碍者手帳をいただいています。
しかし、軽度難聴だった時期も長いので、わたしも今の日本の片耳が健聴ならばもう片方が聞こえなくても障碍者ではないという制度はおかしいと実感しています。
片耳とはいえ周囲の音の入らない状態を考えてみたら、補聴器などの生活補助具への補助などもっと見直してほしいと思います。
耳の障碍は外見から判断することが難しいので、リスクコミュニケーションも兼ね、聴導犬を申請しました。
今の聴力では在住の県の規定では申請できないので、個人的に他県の協会にお願いしました。
これからも積極的に障碍、補助犬関連UPしていくつもりです。
よろしくお付き合いください。

名前: こぶた [Edit] 2011-02-20 22:13

No title

ゆ です。

私、右耳は健聴です。
仕事してますが、就職後に左耳が聞こえなくなったので、職場には伝えてません。
電話が聞き取れなかったり、車の運転も辛い時あります。
何度も聞き返すので「はぁ~?」みたいな返答されます。
言えないです「聞こえてません」って・・・
言ったら、リストラでしょうし・・・

日本の制度・補助等、片耳・片眼も見直してほしいですね。

聞こえなくなった理由は違うし、聞こえない音声も違うけど、
わたしは友達にも言えない弱い人間・・・
こんなんですが、よろしくお願いします。




名前: [Edit] 2011-02-21 10:26

ゆさんへ

続けていいのかなとも思いますが…返信しなくても構いません。

自分は会社勤めは耳のことも含めてストレスで辞めました。
失聴してからはパートもせず、専業主婦という名に胡坐をかいています(汗)

会社では営業アシスタントでしたのでTELは取らざるを得ない状況でしたので、
様々な確認のためFAXを客先に折り返していました。
車については、失聴した後に県内の免許センターで聴覚障碍者専用のマークなどを車に貼れるかどうか検査してもらいました。(万が一事故があった場合、耳のことで不利になると困るので)
周囲には左耳が失聴した時点で手紙で告白しました。
自分の場合、右耳も重度の難聴なので友人など周囲にも伝えていましたが、失聴する前は言葉が聞き取りにくくても、難聴のこと補聴器のこと話せませんでした。
でも、誰か一人にでも耳のことを含めて愚痴る相手がいると少しはストレス発散になるかと思います。
大変だと思いますが、無理をせず肩の力を抜いていきましょう。
長文失礼しました。

名前: こぶた [Edit] 2011-02-21 11:44

No title

こぶたさん
ありがとうございます。

ストレスは溜まりますね、だけど、勇気が無いので言えないです。
でも、今、スッキリした気分です!!!

一生付き合っていく、自分の耳。
イヤでしたが、かわいがります。

名前: [Edit] 2011-02-21 12:29

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)