3時のお茶に生クリームとカスタードクリームを挟んだ
クロワッサンを食べたのに、もうおなかがぺこぺこです。

今夜はうな玉丼。
ほたてと豆腐のスープもつく予定…予定は未定(笑)


と、その前に…ちょっとご相談。
ココから先は障害の話です。
いろんな方の意見を聞いてみたいなと思いつつも
反応が怖いな~と。
臆病者なので(不快な思いをさせてしまうかもしれませんので)
隠させていただきます。

では、お付き合いいただける方だけどうぞ↓



実は私、難聴です。
耳鳴りがひどくて、他人様との会話が困難です。
ここ最近、ファンケルのいちょう葉のサプリメントを飲んだり、
カフェイン断ちをしたりして調子がよかったんです。
しか~っし、一昨日の晩に転寝をしてしまい、
結局ベッドに入ったのが3時過ぎだったのです。
見事にぶり返しました
もう目が覚める前から頭は重いは、耳鳴りはひどいは。
すぐ隣にいるだんなの声さえも遠かったです。
今日は昨日よりもましになったけれど、
ちょっと久々に思うところがありました。

「後天的な肉体(精神)疾患を以前からの友達に話せるか」

私の難聴は後天的なものです。
難聴(耳鳴り)に因る精神的苦痛から退職しました。
今はほとんど引きこもり。
たまに小学校~高校のころの友達とそれぞれ飲んだりします。
先日、少人数の集まりで補聴器の話に触れたら
さらりと受け入れてもらえました。
でも、人数が多い集まりの際に話せるかと考えると
とても怖いのです。
友達を信じるとか、大事なことだけど…
個々にはいけるかなとも思うんですけど、恐怖心のほうが
勝ってしまいます。

障害をお持ちの方やそのご家族、または健常者の方は「障害」に対して
どう考えるのか。
もちろん、人の考えなど時間が経てば変わってしまう
ことだとわかります。
いま、ご自分が感じていること、考えていることでかまいません。



考えるままに書いてしまったので、支離滅裂な文章です。
すみません。
もし、ココに気づいた人がいたら答えてほしいなと思います。
いろんな立場の人の意見を聞いてみたいです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ

こんちゃんへの応援お願いします♪

草木染

夏庭の準備

comment iconコメント ( -2 )

初めまして。
高校2年の樹里です。私も、先天性ではありますが、両耳とも難聴です。
先天性なので、こぶたさんとは、状況も違い、あまりお力になれないかもしれないですが、
私なりの意見を書かせていただきます。(そして、書くのが遅いでしょうか?)

まず、「後天的な身体的(精神的)疾患を以前からの友人に話せるか?」ということですが、
これは、本人次第だと思います。ただ、難聴や精神疾患は、傍から見ると、気づきにくいものなので、そのような努力をすることは、大切だというのが、一般論だと思います。
あまり、深刻に話すのではなく、軽く、近況報告みたいにして言ってしまえば、案外何とも無かったりすると思います。
大勢の前だと・・・という気持ちは、私もよくわかります。私の場合、ずっと普通学校に通っていて、小学校の頃は親が、先生に言ってくれていたし、中学は、小学生の頃からの友達とかが、さりげなく言ってくれていたようだったし、自分が皆にカミングアウトする必要はありませんでした。しかし、高校生になると、「そろそろ自分で言えるようにならなければ」と思うようになり、入学式の日、クラスの初対面の人達の前で、「私は難聴なので云々。」と言ったのですが、すごい緊張したのを、良く覚えています。こぶたさんの場合、ゆっくり、一人一人に、カミングアウトしていけば良いのではないでしょうか?

そして、障害に対する考え方なのですが、
私は、よく言われる、「障害もその人の個性だ」とは思っていません。持っていて、嬉しくも無いし、むしろ嫌な思いをすることも多いですよね。でも、しかたないんだな。と思って、しかたない。付き合ってあげますか。みたいなカンジです。完全に受け入れたわけでもないし、拒否してるわけでもない、中途半端な状態です。でも、なんかそれでいいかな。って思っています。あまり、真剣に向き合ってしまうが為に、自分が傷ついてしまうのなら、宙ぶらりんにさせておくほうが、いいと思うのです。障害なんかに(って言ったら語弊があるかもしれませんが)精神までボロボロにさせられちゃうなんて、悔しいじゃないですか。まぁ、樹里のいい加減な性格もあるんですがね。

家族、親戚は、難聴である私を、健聴者である人たちと比べることは無いですし、障害のことも、大して重く受け止めていません。障害を持った方は、意外に多いですしね。

後天的難聴、しかも耳鳴りを伴うとなっては、
相当なご苦労をされていると思いますが、頑張ってください。というよりも、お互い、頑張りましょう!また、来させていただきます。

名前: 樹里 [Edit] 2007-05-24 18:59

樹里さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ちっとも遅くないです。
ご意見聞かせていただいて、とてもうれしく思います。

カミングアウトの件については実はいまだに
迷っています。
学生時代のように毎日会っていれば
もう少し話しやすかったなとか、そっと察してくれなんて姑息なことをかんがえていますが・・・(^_^;)
夏にまた納涼会をやる予定なので
何気なしに話せたらとは思っています。
「障害もその人の個性だ」って、思い込もうとしていましたね。
でも、樹里さんの言うとおりに「しかたない。付き合ってあげますか」なんですよね。
開眼させられました、というよりもすっごく嬉しかったです。
そうですよね。無理に「個性」なんて言葉に押し込めなくていいんですよね。嫌なものは嫌なもののままでもかまわないんですよね。
両親は私が後天的なせいもあり(実は母も後天性の難聴です)この件を結構重く受け止めていますが、結婚して実家を離れた今はすこ~しだけ気が楽です。
耳のことを夫はそのまま理解してくれるのが唯一の救いかな。
性格上、どうしても思いつめてしまいがちですが、このまま引きこもりではならぬと一念発起して現在求職中です。がんばります!
樹里さんも学生生活を頑張りながらも楽しんでくださいね。
遅くなりましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。また、いろいろとご意見お聞かせくださいね。

名前: こぶた [Edit] 2007-05-25 14:58

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。