遅ればせながら読みました。
京極夏彦/著「嗤う伊右衛門」です。
単行本のほうは確か高校時代に出ていた気がします。
出版から10年以上経って初めて手に取るなんて・・・
ファンです、なんて言えないわ。
又市が出ていなかったらもっと遅かったかと思います。

で、感想。
場面、時間が飛びますね。
キレがよろしくて、話のテンポが小気味いいです。
ん~例えるなら歌舞伎や文楽みたい。
なれない人も最初は戸惑うかもしれませんが
そのうち病み付きになりますよ(笑)
お話自体は哀しい純愛ですね。
どこの解説も言っている事だけれど
さまざまな四谷怪談を知っている人にも面白く読ませてしまう、
そんな話にまとまっていました。

又市さんのプライベートもちょこっと出てきます。
「伊右衛門」を読んで「後巷説」の小夜ちゃんは
又市の孫じゃないなと改めて(勝手に)確信!
だって、又市さん、お牧さんのことがあってから
誰かと情を交わせなくなっていそう・・・きっと妄想だけど

「小平次」も単行本と新書で出ているんですよね。
だんな様は文庫本派なので、出るまでは読めそうもないです。
チクショウ!
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ

こんちゃんへの応援お願いします♪

お庭

夏の準備♪

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。