今日は年明け初めての難聴者中途失聴向けの集まりの準備会でした。
場所はいつもの市民活動センターのミーティングフロア。
かなり通っているので、センターの方々とも顔見知りに…。
筆談などこちらから頼まなくてもやっていただけますし、ちょっとした配慮もいただけるのでものすごっく助かっています。
こんちゃんともいつも一緒です。
最初は聴導犬!?て感じで驚かれたのですが、いまではいるのが当たり前になりました。

ミーテイングフロアはパテーションはありますが、厳密には仕切られていないので、ほかの方たちの様子も見えます。
今日は、後ろに座っていた女性たちがこんちゃんに気づいてので、聴導犬について少しだけお話ししました。
みなさん、聴導犬の存在もご存じなかったようで、こんちゃんの余りの小ささにもびっくりしていました。
こうして、補助犬(聴導犬)の存在が少しずつでも伝わっていけばいいなぁと思いましたが、しかし、事件(笑)は帰りに起こりました。
いつものようにみんなと別れて駐車場に向かって施設(建物)内を歩いていたとき、一人の年配の男性とすれ違ったのですが、少し行くと急にこんちゃんが飛び上がりました。
文字通り、毛を逆立てて、地面からビクゥッ!てカンジに。
何事!?と思い振り返ったら、先ほどの男性がものすごい剣幕で立ち止まってこちらに向かい何か言っています。
多分、こんちゃんを普通のペットと勘違いしているんだろうなと思いつつも、余りに勢いがすさまじいので
こぶたも「補助犬です!」と一言、叫んで逃げちゃいました。
本当はちゃんと説明しなければならないんですが…、一人の時にこういったことがあると本当に怖いなぁと思います。
聴導犬、もっと広がってほしいです。
ストーブの前でくつろぐこんちゃん

スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ

こんちゃんへの応援お願いします♪

聴導犬は雑種や小型犬でもなれます!

手話はじめ~♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)