週末は市の聴覚障碍者協会主催のろう者の集いに参加してきました。
手話サークルでの報告会でこちらを紹介していただいたのですが、集いのほうにもサークルの方がたくさん参加されていました。(緊張がほぐされました。)

今回の趣旨はおととしの東日本大震災に基づいての防災についてでした。
障害者がその時、どうしていたか、どうなったか。また避難所での暮らし…などなど。
(障害者の死亡数が健常者の2倍だったことにとても驚きました。)
中にはわかっていても実際には何の準備もしていないなと思うことも。
数日間の食料や水の確保などは結構な人が用意をしているのではないでしょうか?
でも、ご近所さんなど、何かあった時に助け合う準備はしていますか?
行政の力は確かに大きいけれど、何をするにも時間がかかります。
障害者同士、もしくは近所の人たちが常日頃から協力できるようなシステムを作っておくといいなと思いました。反面、障害者のほうからはなかなか難しい面もあるよう気がします。
何かあった時には助け合いがとても大事だとは思いますが、日常ならまだしも、災害時など誰もが非日常に放り出されたとき、助けてもらえるのはうれしいですが、おんぶにだっこ状態では心苦しいです。
全部が全部、面倒をみてほしいわけではありません。
ほんのちょっとした心配り、それだけでもものすごく助かります。
一人一人では小さいことでも、みんなで持ち寄ればおおきくなります。
障害は大きな区分などはありますが、個々に程度や状態が異なります。
それこそ、個性だとでもいうように…。
その一つ一つに対応するのは難しいけれど、その障害を含めて一人の人間としてみれば、何も難しいことはないのではないでしょうか?
自分も含めて、もう一度、防災について、また地域の一員として考えさせられる集まりでした。


今回、こんちゃんを同伴しましたが、手話サークルの方は別として、聴導犬を目にするのが初めてといった方が多かったです。同伴の機会をもっと積極的に増やしていこうと思います。
もし、見かけたら肩でも叩いてください。
筆談になりますが、時間の許す限り、お話ししましょう。。。


スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ

こんちゃんへの応援お願いします♪

結膜炎完治!

情報保障はどこに行った!?

comment iconコメント ( -2 )

こんにちは!
とろろです、湿度がすごい週のはじまりですがお元気ですか?
集まりがあるんですね、いいなー
私は群馬県に住んでいるのですが、手話サークルはあるみたいなんですが、まだ参加出来ていないです。
本当に311の時に、津波がくることを音声でしか知られていなかったら聴覚障害者は逃げ遅れですよね。
私も寝る時は補聴器なしですし、その間に緊急地震速報があっても気づけないので怖いです。
私も参加できるサークルがあればいきたいな

名前: とろろママ [Edit] 2013-08-06 13:08

とろろママさんへ

こんちゃんと2人、涼しいエアコンの中に退避中です!
こぶたは体の中に熱がこもってちょっとふらふらしています。
こんちゃんを踏まないように気を付けないと…。

手話サークルってなかなか難しいですよね。
手話自体がとても敷居の高いモノって感じがしますし、聞こえないと余計に行きにくかったり…。
こぶたは、県のほうの手話講座でほんの少しだけ勉強したからか、今ではサークルの人と話すのが、1番楽です。
聞こえないことも予め、伝えてあるので、ゆっくりの手話と手話ががわからなくても指文字筆記で教えてくれます。
今度作る難聴者・中失者向けのの集まりは手話とは関係なく、ただの公流会目的です。なので、気軽にみんなに来てほしいなと思っています。
(群馬だとちょっと遠くて無理かな。。。)

こぶたも寝ているときは補聴器なしです。
日曜日の大きな地震の時は、緊急地震速報もなかったですよね。ちょうど講演を終わらせようとしていたときだったので、なんてタイミングだとみんなで顔をこわばらせていました。
警報は一応こんちゃんが教えてくれるけれど、熟睡しているとこぶたがそれに気づけるかどうかですよね。
自信ないなぁ。。。

名前: こぶた [Edit] 2013-08-06 15:13

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。